「J-Face IT(ジェイ・フェイス・アイティ)」

「J-Face IT」の特長

J-Face IT(ジェイ・フェイス・アイティ)は、J-Faceの特長を生かしたまま、ユーザーインタフェース機能を搭載し、さらに便利に使いやすくした一体型の顔認証システムです。主な特長は、

  単体で使えるタッチパネル型(モニタ、カメラ一体型)をラインナップしています
  構成によって搭載機能が選べるシリーズを準備しています
  最大15台まで増設可能です(構成、使用用途により制限があります)
  簡単でシンプルな設定画面です
  ログイン機能にて不正使用をガードします
  顔登録もその場で簡単に登録できます
  スクリーンセーバー機能で案内表示も可能です
  市販のカメラ付きタブレットやPCとの接続も可能です
  WindowsアプリケーションJ-Face Eyeを利用し、入退出・勤怠管理も可能です
  ネットワークカメラとの併用も可能です

J-Face ITのシリーズ

「J-Face IT」に加え、J-Faceを内蔵し親機となる「J-Face ITs」 、J-Faceは内蔵しないが親機となる「J-Face ITp」 、増設する為の子機となる「J-Face ITc」の4種類をラインナップしています。
また、「J-Face ITc」には、Androidタブレットを採用した低価格版も準備しています。

シリーズ毎の搭載Function

Function J-Face IT J-Face ITs J-Face ITp J-Face ITc 備考
J-Face 顔認証を行うために必要なセンサーが搭載されます
Server 親機としてシステム内に1台必要です
GUI カメラ及び画面(タッチパネル)を持った子機です
※J-Face ITの筐体はJ-Face(Premium)となり、カメラ、モニタは含まれません。
※ネットワークカメラとJ-Face ITシリーズのカメラは合わせて最大15台まで接続出来ます。
※接続台数が多く同時に認証が発生した場合、認証速度が遅くなります。サスペンド機能の使用や、J-Face ITでの構築が必要になります。
※J-Face ITcはAndroidタブレット版も準備しています。
※ライセンスを購入する事により市販のカメラ付きタブレットやPCを接続する事が出来ます。ただし、画面のサイズ、プラットフォーム、ブラウザの種類により正常に動作(表示)しない場合があります。

構成例1
1つのドアの入口、出口に設置します。
最低1台のJ-Face ITsがあれば運用が可能です。
構成例2
既存のJ-FaceにJ-Face ITpの親機とJ-Face ITcの子機を増設する構成です。
ネットワークカメラとの併用も可能です。
構成例3
複数台の子機(J-Face ITc)を使用したい場合の構成です。
既存のJ-FaceをJ-Face ITにカスタマイズする事も可能です。

機能モード

「J-Face IT」はモードを変更する事により様々なシーンで活用することが出来ます。

ドア解錠モード

顔認証を行い、照合した結果にてドアの解錠を行います。
ドアの入口、出口の両方に設置する事により、入退出の記録や、その日の最初と最終の出入り記録より勤怠情報を出力する事も可能です。

出退勤管理モード(開発予定)

出勤ボタン、退勤ボタンを選択後、顔認証にて登録者を特定し、出退勤時間を記録します。
出退勤情報を出力する事が出来ます。
名前、所属、総労働時間、残業時間等を表示させる機能のカスタマイズ開発も可能です。

受付モード(開発予定)

来客者に顔認証を使用してもらう事により、事前に登録された情報に沿って画面にて案内を行います。
音声案内や、担当者への通知機能等のカスタマイズ開発も可能です。

機器制御モード(開発予定)

顔認証にて認証される事により資格者のみが機器を使用出来るように制御を行います。
誰が何時、機器を使用したのか顔写真付きで記録が管理出来ます。
また一定時間経過後に顔認証を行わないと自動的に機器を停止させる安全機能等を搭載予定です。

画面サンプル

メニュー画面 パスワード入力画面 ネットワーク設定画面 端末設定画面
個人登録画面 個人登録撮影画面 個人登録保存画面 認証画面