お知らせ・コラム

  • 2016年01月19日

2016年 ご挨拶


平素より格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。

 

新しい年となり、早くも1月が過ぎ去ろうとする最中

この短期間に社会情勢は目まぐるしい動きを見せております。

 

暖冬が続いておりましたが、東京での初雪が観測された後に

兵庫・大阪・京都と今冬一番の冷え込みとなりました。

 

本年は申年が故、騒がしい一年となる予兆が見え始めておりますが

皆様におきましても良い意味で騒がしい佳き年でありますよう、切に願っております。

 

さて、2016年のスタートと共に今年も顔認証システムのお問い合わせを多数賜り

誠にありがとうございます。

 

弊顔認証システムは日々進化しておりますが、入退室管理におけるドア制御や

特に介護福祉施設や病院での徘徊防止抑制(離院防止)効果が期待されており

迅速に人物を検出し、通知する仕組みの需要が傾向として増えてきております。

 

システム開発企業として、これまで培った技術とお客様から頂くアイデアを基とし

セキュリティのみならず、利便性を追求した顔認証システム開発に邁進して参ります。

 

引き続き何卒ご愛顧を賜わりますよう、宜しくお願い申し上げます。